ミドリ部・部活動3回目。お庭のデザイン


今日も実習メインで

今日も色鉛筆が大活躍。

ごきげんよう。
ミドリ部長の山本です。

さて、ミドリ部、部活動3回目のご報告です。

前回の部活動では、
題材となるあるお家の現状を分析してトレーシングペーパーに書き込んでいき、
それをもとに、コンセプトを打ち出しました。

今回は、その分析したものとコンセプトをもとに、
どんな空間にしていくかを決めて、具体的なイメージを描いていきました。

こんなお庭にしたい!というコンセプトに沿わせるのはもちろんのこと、
日当たりのよさ、悪さ、見通しのよさ悪さ…
前回に分析して、大事にしたいと思ったところに沿ったものにしていくのに、
何度も前に書いた図面をぺらぺらめくっては、あ、そうだった!と思いだし…
〇〇な空間、という、まだいろいろな可能性や幅のある表現で、場所を作り、
その空間どうしの関係性やつながりを考え、人がとおる道を作っていく。

菜園、池、シンボルツリー、ヤギ小屋、駐車スペースなど、
具体的な「庭」が少しずつ形になっていきます。
そして、それが何でどのようにできているか、より具体的に描いていくと…

あれもこれも、って夢いっぱいの理想と、
面倒くさがりな私が維持できる庭の現実。

駐車場いる?
車、手放したらええやん。
(場所が余ってしまい)やっぱり駐車場作ったらよかった(笑)

…なんて、ミドリから、ライフスタイルを考えることもできるんですね。

なんでしょうね?
前回は、これで合ってる?って手さぐりで、どちらかといえば恐る恐るだった
みなさんの手の動きが、すらすらと、大胆に動き、
今回は、ギャグを飛ばし、飛ばされたギャグもしっかり受け止め、受け流す(笑)
雑談も笑顔も増えて、何だか素敵な感じでしたよ~☆

それにしても、ミドリがある場所、続く場所って、
「何を植えたい」「こうしたい」より、「どんな場所に作っていくか」が先なのですね。
3回目になってようやく、こんな木を植えたい、畑やハーブを植えたい、
というミドリの話が出てきたくらいです。
この過程が、プロっていうか、ホンモノっていうか。
そういうことをさらっと教わってしまえるなんて、ミドリ部、すごいぞ!

実例を実際に見てみると、よりイメージが湧くのだそう

実例を実際に見てみると、よりイメージが湧くのだそう

次回は、12月21日(日)ですよー。
より実践的な、土のお話から、いよいよ、海運堂のお庭を実際にデザインしていく、という、実践的な内容に入っていきます。

次回からの参加も大歓迎。
お家の緑化のヒントを、プロと一緒に学ぶみなさんの完成から、たくさんモノにしていきましょーねー♪

ミドリ部
midori@lgaku.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>